断酒とダイエットと時々雑多な日記

何度目かの断酒に向き合うおっさん Mar_19の日記

嫌なことを忘れるために飲む酒は美味いのか?

風邪をひいてしまった。そこまで酷くはないものの、鼻と喉に違和感があって気持ちが悪い。

 

こんなタイミングで、あっ、飲みたいなと思ってしまったのは、この気持ち悪さを忘れたかったり、家事や自炊がめんどくさくて自堕落な時間を過ごしたいがため。

 

幸い、気持ちをコントロールしていつも通りに夜のランニングもこなしてやり過ごせたが、例えば、このタイミングで飲んだとしても美味しく感じるのだろうか? ふと、そんなことを思った。

 

酒の味なんて分かっておらず、喉越しと惰性で飲んでいただけなので、味なんて当然分かるはずはないのだが、よくもまぁ、そんなものにこれまで給料の殆どを突っ込んだものだなと。

 

そう思えるようになったのはいいことだ。

断酒を継続してる、今の自分を捨てるのは勿体無い

年末から続けているランニングが、連続 15日を経過した。断酒同様に積み重ねて継続していくものが増えて、それができているのはとても心地が良い。

 

その延長でダイエットと言うか、短期でガッツリ落とす減量も日に日に落ちてきている。ランニングと 10分程度の筋トレ、そして腹八分目と低糖質を意識した食事管理が功を奏している。特に、体脂肪率の減りが良いので脂肪にコミットできていることだろう。

 

このまま順調にとはいかないのは分かっているから、途中、何度も訪れる停滞期を乗り越えるために、あきらめずやってることを信じて今はとにかく身体を絞って速く走れるようになることだけを意識してこなしていきたい。

 

そんな思考になると、これまでにあった甘いものをめちゃくちゃ食べたい欲求に襲われた時、自然と歯止めがかかるようになった。走ったから食べてもいいよ、と、一旦自分には許しを与えるけど、ちょっと待てと。ここで食べてしまったら確実に消費した以上に増えてしまうから、やってきたことがなかったことになってしまい勿体無い、と。

 

これは、よく考えたら今の断酒を支えている思考にも似ている。

 

いっとき飲酒欲求が復活した時、コンビニのビール売り場で手に取るまではいくものの、味を想像し一口目の喉越しを想像し、その後、グダグダになる自分と翌日に後悔と気持ち悪さに襲われる自分をイメージすると、せっかくここまできたのにまたあの生活をするのは勿体無い、と。

 

それを思うと、今日も自ずと飲まない生活を続けたくなる。

来月末のマラソンに向けて身体を絞る

断酒 7ヶ月が経過し、精神的にも落ち着いて平穏な日々がおくれている今日この頃。だけど、食欲がなかなか凄いことになっており、体重が増える一方。

 

年末からランニングを続けていて、それなりに運動しているはずなのに、減らない。

 

酷い便秘はかなり良くなったように思えるが、まだ、毎日快調とは言えなくて、それも影響している。

 

でも、来月末のマラソン大会は自己ベストを狙いたい。そのためにも、身体を絞って練習も続けてコンディションを整えたい。

 

と言うことで、本日からスイッチを、切り替えて減量していきます。目標は、62キロを下回るくらいなので、今朝からだと 7キロ程度減らす感じ。よ、余裕だよな (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

酒をやめて 7ヶ月が経過

断酒生活も 7ヶ月が経過した。ちょっと前にあった、突発的な飲酒欲求はなく安定している。

 

最近は、サボりがちになっていたランニングをマメにするようになり、もっと速く走れるようになりたいといった目標が出てきた。

 

そのために痩せる必要もあるよなと、去年の今頃に比べて 8キロ近く増えた体重をいかにしてやっつけてやろうかと、頭を悩ませている。

 

読書を習慣化すると今年の目標に掲げていたが、これはサボりがちになっている。やりかけていたゲームに手をつけてしまい、そちらに時間を割いているので、これは早目に軌道修正したい。

 

と、最近はいい流れで断酒が出来ているので、このまま 8ヶ月に向かっていきたいもんです。

神様をお迎えしてみた

f:id:Mar_19:20180105081524j:image

もういくつ寝ると断酒は 7ヶ月。正月を迎えるのとは別の喜びがある。今回で、半年以上の断酒は 5度目。これで最後にするべく、最近はもう酒はやめたんだと意識付けするようにしている。

 

断酒して出来た時間を趣味にと、ランニングを再開し、昨年末の 12月29日から連続して走れている。本当は朝ランを習慣化したいが、朝は苦手らしいので今は昼間なり夜なり走れるタイミングで行なっている。

 

読書もちょいちょいするようになった。まだ読みなれていないのでスピードと理解力が残念な感じではあるが、そのうち慣れるだろうと継続していきたい。

 

そんな中、一冊の本に出会った。成功している人がなぜ神社に参拝するのかといったもので、実は一年前から気になっていた一冊。

 

内容的には、霊的なことやらスピリチュアルなことやらが出てきて 9割は胡散臭く感じたが、読了後は今まで以上に神社に興味が湧いた。

 

早速、書籍で紹介されていた滋賀県の琵琶湖にある「竹生島神社」にフェリーにわざわざ乗船してまでして向かい、お参りとお札を頂いてきた。

 

一人暮らしの部屋にもお供えできるよう、お札立てを購入し、お神酒は我慢していただきお水をお供えする生活を始めた。

 

断酒やランニングなど、積み重ねていく必要があることを他力本願で行いたいがためにお祀りしたわけではないが、自分以外に見られているのかも、と意識が出来るのは何だか良さそうだなと、その効果を勝手に感じている。

朝ランを継続するために自分に勝つ

年末年始の休暇に入ってからランニングを再開し、何とか毎日少しでもいいから走るという目標は維持できている。

 

本当は、朝 4時30分に起きて準備を整え、10キロ程度の朝ランが理想だが、なかなか難しい。

 

目覚ましに気付くことは気付くが、眠気に負けて二度寝を決め込む、がルーチン化されている。

 

寝起きすぐの朝ランは諸説あるが、空腹で走るのでダイエット効率が良かったり、空気が澄んでいて朝焼けを横目にするととても気持ちがよいことは知っているのでなんとか実践したい。

 

でも、世の中には朝ランを継続している人も多く、SNSで繋がっているラン友さんの中には 1000日回峰行と称して走り続け、昨年末に達成された人や正月、仕事で超早出にも関わらず朝ランというより深夜に近い時間帯に走っている人もいたりで、出来る人はできるのだなと。

 

眠い中でも気持ちを切り替えたり、時には気合いも必要そうだが、ぼくもそんな一人になれるよう、走ることは継続しつつ、朝ランの頻度を増やしていきたい。

 

断酒同様、ランニングを続けるが今年の目標です。

便秘を除けば健康的に迎えれた 2018年

あけましておめでとうございます。みなさんは、年越しをどのようにして過ごされましたか?

 

昨年もそうでしたが、断酒をしながらの年越しは今年で 2回目。今回は、実家に帰ってとにかく食べまくって過ごしました。

 

ダウンタウンを何となく見ながらダラダラ過ごして 11時過ぎには床に着き、除夜の鐘を聴くこともなく、しれっと年を越しました。

 

早目に起きて初日の出を拝むために朝ランするつもりで寝ましたが、実家の布団が心地良すぎて、目覚ましで一旦起きるも、まぁ、昼間に走ればえぇやろ、と、二度寝を決め込み朝を迎えました。

 

当然、酒が入ってないので清々しい朝を迎えることができ、今年一年のスタートをいい感じに切れました。

 

ただ、昨年から腹の中に居座り続けるダークマターだけは気持ち悪く、早いところ解消したいなというのが今年最初の目標だったりしますが、酒はやめたのでもう戻ることのないように日々コントロールしつつ、食欲もコントロールしないと体重が増える一方なので、今年は脱糞とコントロールが目標ということでやってきます。