読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断酒とダイエットと時々雑多な日記

4.5回目の断酒に向き合うおっさん Mar_19のただの日記。

【断酒 5日達成】腰の痛みがいくぶんか軽くなった気がする

断酒 5日、経過。

 

早目に寝たかったけれど、テレビをだらだら見てしまい日をまたいでしまった。テレビなんて、別にたいしたことやってるわけでもないし見なくても何とでもなるとは思うものの、悪習はなかなか切れない。

 

旨い焼き鳥屋の特集番組なんかを見ていると食べたいなと思ったりするけど、ビールを強く連想してしまうので、今はコンビニで売ってる焼き鳥で我慢するのも必要かなと。

 

***

 10年以上、腰の痛みに苦しんでいる。ギックリ腰を切っ掛けにずっと腰に痛みがある状態で、特に横になると強く感じる。

 

ここ数年、断酒とスリップを繰り返してからは酒の飲み方が酷くなるにつれて腰の痛みも酷くなった。不思議なことに、走ったり筋トレをする時には特に気にならなくて、飲酒と運動不足が重なると症状が悪化するように思う。

 

昨年から今年の 2月まで約:8ヶ月続けた断酒がスリップしてからは、飲み方がこれまで以上に酷くなったこともあって痛みに悩まされたが、ここ数日の断酒と朝ランのおかげか、日に日に痛みが和らいでいるように感じる。

 

ただ単に、酒が抜けて活動的に身体を動かしていることで痛みが軽減しているだけかもしれないけれど、酒を抜かないと活動的にもなれず、結果的に酒を抜いていることで楽になっているのだろうなと思うと、これはやっぱり断酒せねばと思わされる。

【断酒 4日達成】翌日のことを考えると飲むのはやめようと思えた

断酒 4日、経過。

 

睡眠障害は特になく、昨晩は割と早い段階で眠りについた。寝汗も特に気にならない程度。体臭も幾分か薄らいできているように感じる。

 

***

相変わらず、仕事が終わりに近づくあたりから酒を飲みたい欲求が襲ってくる。徒歩で 45分ちかくかけて歩きながら帰宅する際に、通りにある居酒屋などに目が行ってしまい、もうスリップしとくか、なんて思ったりもする。

 

ただ、そのタイミングで

 

「何で 1人で居酒屋に行って、浴びる程酒が飲みたいんだ? それ、楽しいのか? 経験上、めちゃくちゃ虚しいだけだろ。金をドブに捨てるだけだろ。」

 

と考えるようにしている。冷静に考えれば、全くその通りだから。

 

そんな葛藤を経て帰宅し、部屋の掃除と筋トレ、低糖質な食事を自炊して風呂に入る。ここまでやれば後は自由時間となるが、ここからが本当の葛藤が始まる。

 

順調にこなせば 9時前には自由時間が訪れる。寝るまでの数時間、テレビをぼーっと見ているとどうにも疼いてくる。まだ早いからちょっとだけ飲めば明日に支障はないだろうと、都合の良い考えが湧いてくる。

 

でも、実際に買い出しに行ったとしたらちょっとでは満足できないので、ビール系飲料だったら 3リットルくらいは飲まないと気が済まないだろう。そして、翌日に影響しまくり、と。

 

最近、朝 4時 30分に起床して朝ランを再開して、これは自分の中ではとても嬉しい出来事でもある。1日のスタートをとても有意義に過ごせるということと、しっかり汗をかいて気持が良いしダイエット効果も高いので、この習慣は出来れば定着させたい。

 

それを考えると、前日にちょっとでも酒を飲むと朝起きるのがとても億劫になるのと、仮に起きて走りに出たとしても身体がとても辛いから飲むのはやめとこうとブレーキになっている。

 

この気持を大切にして今日、明日も酒を飲まない 1日を過ごしていきたい。

 

ちなみに、今朝の朝ランはやめた。太った身体で 3日連続走ってきて、膝にちょっと違和感があったので足休めとしておいた。継続するには、続けられる身体を先ず作らないといけないので、今は焦らず痩せることから始めている。

【断酒 3日達成】断酒したら、吉田類には要注意

断酒 3日、経過。

 

昨日は、朝 4時 30分に起きてそこから 10キロほど走り、とても気持ちの良い 1日のスタートを切ることが出来た。朝から活動的になれるのは断酒のおかげで、断酒前の生活習慣だったら 8時過ぎまでは眠りについていたことだろう。これだけでも、断酒をするメリットは大きい。

 

ヨーグルトとミューズリーを混ぜた朝食を摂り、45分ほど歩いて出社。昼食には、豆腐 1丁・サラダチキン・サラダ・味噌汁と、とてもヘルシーなものをチョイス。断酒前だったら、太ることも構わずに「すき家」でチーズをトッピングしたメガ盛り牛丼なんかを平気で食べていた。

 

仕事が終わると、45分ほど歩いて帰路に付き、途中、晩飯用の食材などを購入して帰宅。部屋を掃除して軽く筋トレを行い、低糖質を意識した食事を自炊し、いただく。洗い物もしっかりやって風呂にも入り、洗濯もして一通りの家事を終える。ここまでは完璧な 1日だ。

 

その後の出来事である。

 

毎週月曜日に楽しみにしていた「吉田類の酒場放浪記」という BSの番組を何気に見ていて、ふつふつと飲酒欲求が湧いてくるのが分かった。

 

この番組は「酒場詩人」の肩書きで紹介されるライター「吉田類」さんが、ディープな酒場に趣き、とにかくうまそうに酒を飲むという番組。断酒の身には毒だった。

 

番組後半辺りから…

 

「もう今日はやるべきことはちゃんとやったんだから、コンビニにビールを買いに行って明日から再開しよう」

 

とか、

 

「やるべきことをやったなら、飲んでも良いだろう」

 

という考えが出てきてが、これはまずいなと思いつつその場を凌いでそのまま床についた。

 

テレビの影響は改めて強いなと感じ、断酒が安定するまではテレビもそうだが何かしら酒を連想するようなもの・ことは避けておいたほうが良いなと。

 

吉田類さんは暫くはお預けだな。同様に、六角精児さんも酒を飲みながら電車で旅をする番組をやっており結構好きだったので、そちらもお預けで。。。

【断酒 2日達成】少しずつだけど生活の質を向上していく

断酒 2日、経過。

 

今回の断酒では、今のところ睡眠障害に襲われることなく眠れているのはありがたい。ただ変な汗をかいたり、身体からどことなくビール系飲料の匂いがするのはまだある。

 

だけど、少しずつではあるけど前向きになりつつある。

 

昨日、久しぶりにランニングが出来たり自炊をしたりと生活の質が向上しつつある。そして、ちゃんと生活が出来ていることを嬉しく思う。

 

これまで洗濯物を部屋干ししていたのを外干しにしたことも何だか前向きに思える。

 

今朝は、およそ三ヶ月ぶりに朝ランまで出来た。体重も減りつつあり、いい流れになっている。

 

っと、すでにいくつか変化が始まっているが、これも酒を飲まないから得られることなんだなと、改めて実感させられる。

 

今を生きれることに感謝することを忘れないで、今日も酒を飲まない価値ある 1日としたい

【断酒 1日達成】なんてことはない日から再スタート

前回のスリップから何日経っただろうか。

 

その間、飲酒を認めたわけでもなく再度、断酒に踏み切る切っ掛けを探していた。

 

キリのいい所で、○月 1日、○月 5日、○月 10日、給料日、月曜日から始めるぞと、今日の飲酒の言い訳をしてズルズル先伸ばして来た。

 

でも、楽しい酒なんて 1秒もなく、ただただ苦しくて辛いだけ。生活も乱れまくって、部屋の掃除や風呂に入るのが面倒くさくなったりと荒れ放題。

 

飯が雑になって、お陰で体重も増加。ダイエット前の体型にほぼほぼ戻った。

 

そんな自分が嫌で自己嫌悪と負のスパイラルに飲み込まれていた。

 

だけど、ようやくというか久しぶりに昨日、飲まずに 1日を過ごすことが出来た。ただの休肝日と言われてもおかしくはないけど、やっと 1日抜けた。

 

毎日、こうやって 1日を過ごしたいと思っていたから、たった 1日だけど素直に嬉しいし自分を褒めてやりたい。

 

今日も酒を抜いて、意義ある 1日としたい。

またスリップ

書かなきゃあいいのになと思うけど、騙して何となくやり過ごすのは違うから書く。

 

またスリップした。

 

俺、もう、死ね。

 

そんな感情があったりする。

 

でも、過去には数ヶ月出来てたんだよな。なんだろ、この違いは。タイミング? イズム?

 

色々あると思う。

【断酒 3日目】断酒の先にある夢を書いてみる

昨晩は、午後 8時の「女城主 直虎」を待たずして眠ってしまった。午後 6時からの BSでしっかり楽しんだので、まぁどうでもよい話だが、睡眠不足がたたってのことで、おかげで 11時間ほどぐっすり眠れた。

 

途中、ベタつく寝汗に気持ち悪くなったりと、離脱症状はしっかりあった。この感じだと本日は睡眠障害に襲われる可能性はあるが、明朝の朝ランに備えて少しでも眠れるとありがたい。

 

断酒の先輩方のブログで、断酒を目的にするとスリップしやすいといった書き込みを見かける。確かにそうだと、とても共感出来る内容である。ダイエットもそうだが、体重を減らすだけだったらアホでもできる。飯を食べなければ良いだけだからだ。要は、美しく健康的に痩せるためにはどうするかを考えないと、いつまで経っても減量とリバウンドを繰り返す羽目になる。

 

それを踏まえて断酒について考えてみると、断酒の先には幸せになりたいという欲求がある。これは、精神的にも金銭的にもそうだが、総じて自分自身が満足して健康的に活き活き日々を送りたいということになる。

 

自分にとっての幸せとはなにか? それは、目標を一つ一つクリアしていき成長を感じれること、それに伴って生活のレベルが向上することではないかと。

 

そんなことを思って、ふと、直近の目標から将来的な目標を見える化してみようと思い立った。これから何度かスリップしかけることがあるかもしれないが、そんな時に、一度立ち止まって見つめて欲しい。と、今の気持ちを形にしてみる。

過去、情けない結果だったレースにリベンジ

  • 鈴鹿山脈かもしかハーフ」で 1時間 20分切り
  • 「横浜マラソン」で 2時間 50分切り
  • 「いびがわマラソン」でサブスリー
  • 「奈良マラソン」で 2時間 50分切り
  • 「みのかも日本昭和村ハーフマラソン」で 1時間 20分切り
  • 「犬山ハーフマラソン」で 1時間 20分切り
  • 「静岡マラソン」で 1時間 20分切り
  • 「多度山トレイルラン」で 2時間 40分切り

リベンジするために走り込みと身体作りが必要

  • 月間:300km程度の走り込みとアベレージ 4分 30秒以内で走るスピード練習(どんどん高める)
  • 定期的にトレイルを走って足腰を強化
  • 日々の筋トレ
  • 断酒と低糖質による食事管理
  • 体重:65kg / 体脂肪率:1桁(起床後、排便を行っていない状態で)辺りを目指して維持管理

身体を強化することでメンタルも強化される

身体作りとメンタルは密接に繋がりがある。自分が思う身体に近付けていくにしたがってそこまでやってきたことへの自信から簡単にはへこたれない根性が育つ。結果、メンタルが鍛えられる。

メンタル強化で自分に自信が持てる

メンタルが鍛えられることで、夢や希望についても何とかなるのではないかと思えるようになり行動するようになる。駄目な自分をイメージするよりも出来る自分を想像することの方が多くなるため、何とかなる精神で自信が持てる。

自分を信じて仕事で出来る幅を広げるために勉強・資格などの取得

自分に自信が持てると、将来なりたい自分もイメージしやすくなり、そこに向かっていくだけの気持ちと時間を持てる。人と比べる・人を羨ましく思う・自分を恨めしく思う時間を全て排除して、がむしゃらになりたい自分に必要なものを身につけるために勉強し、身につける。

仕事の質を向上して、収入を現在の 3倍に引き上げる

仕事面で出来ることが増えればそれだけ会社・個人としてでもやれることが増える。結果、収入がある程度あがるのは当然だが、現在の人並み以下の収入と比べれば 3倍程度と具体的な数字目標を掲げてもけして無理な数字ではないはず。

メンタルの強化・収入の向上で気持的にゆとりや安定が産まれる

なんとかなるさ精神を鍛えて、収入もある程度安定してこれば今以上に気持ち的にゆとりが産まれる。将来的にも何とかなるさと思えれば、もっと人生が価値あるものになるはず。そのためにも、まずは断酒が何よりも先に取り組むべきことであり、断酒なくして自分自身の将来、幸せはないものだと思って、スリップしないように取り組んでいきたい。