断酒とダイエットと時々雑多な日記

何度目かの断酒に向き合うおっさん Mar_19の日記

【断酒 5日達成】過去の断酒挫折の経緯 〜 2012年編 〜

断酒 5日、経過。

 

もう睡眠障害は通り越したかと思っていたが間違いであった。先日の快眠は、ただ連日の睡眠障害がたたって眠かっただけで、どうやら離脱症状から抜け出すにはもう少し時間がかかるらしい。

 

寝汗はかかなくなったので、確実に身体から酒は抜けていってるんだなと実感する。

 

唇のした辺りに、特にお姉ちゃんとの接触はなかったもののデカい吹き出物が出来たが、これも酒が身体から抜けていく際に悪あがきしているのだろうと、生暖かく見守っておく。

 

朝勃ちは、まだない。

 

***

過去の断酒挫折の経緯 2シーズン目は 2012年編。2011年の断酒挫折の経緯については、下記からどうぞ。

 

 

mar-19.hatenablog.com

 

2011年の断酒挫折から 1年間はとにかく毎日後悔の連続だった。その間、何度となく断酒しようと思いつつも数日であきらめて、また後悔するをとにかく繰り返していた。

 

そんな状況の中、一念発起して断酒をしようと決意したのは、負の連鎖を切りたいという思いと、出まくった腹を何とかしたかったから。ごっつぁんです。

 

いざ、断酒に取り組んでやったことは、昨年の失敗から学ぶこともさほどせず、ほぼほぼトレースして行った。ランニング・筋トレ・徒歩通勤・米抜きダイエット、と気持を酒から遠ざけた。ただ、昨年と違う点として、成功体験と失敗を経験していることから、気を付けるべきターニングポイントが分かるだろうなと、何となく自信はあった。

 

断酒を始めてダイエットに取り組み、2ヶ月 〜 3ヶ月で 10キロ以上の減量に成功。そして、2ヶ月目辺りからアイスクリームへの依存も昨年同様。根拠のない自信は昨年の失敗要因すらも見事にトレースしてしまったのである。残年!

 

ここからの流れも昨年同様。緩やかに体重が増加しつつ、それでもアイスクリームへの依存が止まらずでストレスがパンパンに膨れ上がり、同様に腹もパンパンに膨れ上がって 3度目のヘブンズドアが見え隠れするようになった。

 

今回、そんな限界ギリギリの状況で引導を渡したのは他でもない自分である。

 

何となく話しの流れで飯を食べにいくことになったスタイル抜群の女の子がいて、飯の後、今日で解禁するから飲みに行こうと、君のためにここまで我慢してきたことを解禁する特別感をアピールしつつ、酔った勢いでノリ良く押し強くいけば何とかならないかという期待を込めて飲みに行ったものの、ポンコツ過ぎて何も出来ずで終了。残念!

 

結局、下心で 2度目の断酒を解禁し、悶々とした気持と、とてつもない後悔だけが残った。そして、ここから 2年近くの間、自分を責め続けてまた酒に溺れる日々を過ごすのである。

 

明日のブログでは、2014 - 2015年編をお届けします。