読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断酒とダイエットと時々雑多な日記

4.5回目の断酒に向き合うおっさん Mar_19のただの日記。

【断酒 7日達成】過去の断酒挫折の経緯 〜 2016 - 2017年編 〜

断酒 ダイエット 糖質依存 依存症 アルコール依存症

断酒 7日、経過。

 

睡眠障害はかなり改善されたのか、ぐっすりと眠れるようになった。眠れすぎて、朝から走ろうと 4時 30分に目覚ましをセットしているものの起きれず、二度寝、三度寝と。まぁ、今はそれでも良しとしよう。

 

寝汗は完全に気にならなくなった。体臭からもアルコールの臭いは消えたように思える。

 

朝勃ちは、未だ体現されず。

 

***

過去の断酒挫折の経緯 4シーズン目は 2016 - 2017年編。過去 3シーズンの断酒挫折の経緯については、下記からどうぞ。

 

 

mar-19.hatenablog.com

 

mar-19.hatenablog.com

 

 

mar-19.hatenablog.com

 

 

前回の断酒は、過去最高の 10ヶ月近く続いたものの、それでも一時の下心に負けてしまい呆気なく終了。便所にでも駆け込んで煩悩を処理すれば良かったものを…

 

もうちょっと我慢すれば 1年という節目を迎えれたものの、それを迎えることなく目前で挫折したことは、これまで以上に大きな自信喪失となってのしかかった。もう無理だろう。そんな気持ちが支配した。

 

そこからは、酒を浴びるように飲むのは変わらず、外での一人飲み、裸のお姉ちゃんがいる健康ランドに入り浸ったり、素人のお姉ちゃんと仲良くなったりと、糸の切れた凧のように感情の赴くまま、欲望に任せて徘徊を続けた。

 

それでも、明日から、来月からと、断酒の切っ掛けを模索していた。

 

貯金と、厳密に言えば命を削ってそんな生活を続け、ようやく 4度目の断酒に踏み切れたのは年をまたいだ 2016年 7月のこと。下半期のスタートという一見キリがよさそうな日に再開した。

 

これまで同様、ランニング・筋トレ・徒歩通勤・低糖質な食事と内容的には同じだが、運動の負荷を上げてみたり徹底して糖質を減らした食事にしてみたりと、工夫をこらしてダイエットに集中し、酒への未練から遠ざかってみた。

 

そして、今回は過去の失敗から甘いもの、特にアイスクリームやチョコレートに対して過敏に反応し、絶対に口にしないよう意識的に刷り込みをした。

 

過去最高の体重から始まった断酒切っ掛けのダイエットは、2ヶ月 〜 3ヶ月で 15キロ以上の減量に成功。体脂肪率も一桁に手が届きそうな辺りまで絞り込めた。

 

いい感じでモチベーションを維持しつつ、いかに効率よく体脂肪率を減らせるのかと、そんなことをあれこれ模索して日々は過ぎていく。が、ある程度まで絞り込むとそこからさらに絞り込むのは至難の業。

 

すると、うまく結果が出せないことでメンタルに亀裂が入る。やってることに意味があるのかと、飽きてくる。アイスクリーム、食べちゃう。っと、これまで同様の負の連鎖が始まるのである。

 

一度、甘いものに手を出してしまうと最後、リミットが外れたようにこれまで我慢してきたあらゆる物を喰らい尽くす。アイスクリーム・チョコレート・ケーキ・バウムクーヘンと、連日ドン引きするくらいの量を喰らい尽くす

 

幸いなことに、今回は運動をしっかりしていたので体重の増加はそれほど勢いはなかったものの、緩やかに着実に増加傾向に陥っているのは事実である。

 

そんな折、全く予想だにしていなかった横槍が入った。秘密のお姉ちゃんとの関係がバレたのだ。そこから秘密のお姉ちゃんと緊急ミーティングを行い、ウィンウィンの関係を築きましょうと契約を結ぶに至り、祝杯と称して自ら禁を破った。

 

それはそれで、良かった。だが、そこからの駄飲は過去以上に加速度を増して量が増えた。一人飲みで 5リットル(これまでのアベレージは 3リットル)と。過去のアベレージでも致死量とネタのように言っていたが、今回のそれはギガ致死量である。もう無理ー!

 

 っということで、解禁して 1ヶ月あたりで軌道修正をしようと今に至っている。

 

自分の中では 4回目の断酒はまだ終わっていない。ちょっと狂った中休みを挟んだだけだと。だから今やっている断酒は 4.5回目の断酒と定義しているのだが、過去の経験から一つだけハッキリしたことがある。

 

それは、自分はアルコール依存症ではなく根本にあるのは依存体質、依存症なんだと。そこにようやく辿り着けたのは、今回の断酒を行っていく上でとても重要なことである。