断酒とダイエットと時々雑多な日記

何度目かの断酒に向き合うおっさん Mar_19の日記

【断酒 3日達成】断酒したら、吉田類には要注意

断酒 3日、経過。

 

昨日は、朝 4時 30分に起きてそこから 10キロほど走り、とても気持ちの良い 1日のスタートを切ることが出来た。朝から活動的になれるのは断酒のおかげで、断酒前の生活習慣だったら 8時過ぎまでは眠りについていたことだろう。これだけでも、断酒をするメリットは大きい。

 

ヨーグルトとミューズリーを混ぜた朝食を摂り、45分ほど歩いて出社。昼食には、豆腐 1丁・サラダチキン・サラダ・味噌汁と、とてもヘルシーなものをチョイス。断酒前だったら、太ることも構わずに「すき家」でチーズをトッピングしたメガ盛り牛丼なんかを平気で食べていた。

 

仕事が終わると、45分ほど歩いて帰路に付き、途中、晩飯用の食材などを購入して帰宅。部屋を掃除して軽く筋トレを行い、低糖質を意識した食事を自炊し、いただく。洗い物もしっかりやって風呂にも入り、洗濯もして一通りの家事を終える。ここまでは完璧な 1日だ。

 

その後の出来事である。

 

毎週月曜日に楽しみにしていた「吉田類の酒場放浪記」という BSの番組を何気に見ていて、ふつふつと飲酒欲求が湧いてくるのが分かった。

 

この番組は「酒場詩人」の肩書きで紹介されるライター「吉田類」さんが、ディープな酒場に趣き、とにかくうまそうに酒を飲むという番組。断酒の身には毒だった。

 

番組後半辺りから…

 

「もう今日はやるべきことはちゃんとやったんだから、コンビニにビールを買いに行って明日から再開しよう」

 

とか、

 

「やるべきことをやったなら、飲んでも良いだろう」

 

という考えが出てきてが、これはまずいなと思いつつその場を凌いでそのまま床についた。

 

テレビの影響は改めて強いなと感じ、断酒が安定するまではテレビもそうだが何かしら酒を連想するようなもの・ことは避けておいたほうが良いなと。

 

吉田類さんは暫くはお預けだな。同様に、六角精児さんも酒を飲みながら電車で旅をする番組をやっており結構好きだったので、そちらもお預けで。。。